としまえんのスケート場の料金や混雑状況・口コミ・服装や荷物についてまとめ

としまえんスケート場 東京

スポンサードリンク




東京都練馬区にあるとしまえんでは、冬になるとアイススケートを楽しむことができます。

 

屋外設置されたスケートリンクで、休日にはファミリーやカップルで賑わいます。

 

スケート初心者でもスケートレッスンを開催しているので十分に楽しむことができますよ。

 

さらにとしまえん内には遊園地があり、同日であれば出入り自由なので、行き来したりと一日中遊ぶことができます。

 

としまえん屋外アイススケートリンクの混雑ですが、時間帯に気をつければ快適に滑ることができるでしょう。

 

寒さ対策を忘れずに、暖かい格好をして楽しい時間を過ごしてみてはいかがですか。

 

 

料金について

 

としまえん屋外アイススケートリンクの営業期間は、2019年12月7日(土)〜2020年3月1日(日)です。

 

営業時間は平日10:00〜17:00、土日祝10:00〜19:30です。

 

アイススケートリンクの利用料金は、

  • 大人(中学生以上)・子供(3歳〜小学生)ともスケート滑走料600円
  • レンタルシューズ料700円

です。

 

スポンサードリンク

入園料はいるか?

 

屋外アイススケートリンクはとしまえん内にあるので、別途入園料がかかります。

 

入園料は

  • 大人(中学生以上)1,000円、子供(3歳〜小学生)とも500円

です。

 

 

チケット割引情報ワンデーパスなど

 

木馬の会ファミリー・パーソナル会員の方は、会員証提示で、滑走料とレンタルシューズが各100円引になるのでお得です。

 

またお得なスケートセット券(入園+滑走+レンタルシューズ)もあります。

 

遊園地営業日の10:00〜15:00は、

  • 大人(中学生以上)2,100円、子供(3歳〜小学生)1,600円

です。

 

遊園地営業日15:00以降および遊園地休園日は、

  • 大人(中学生以上)・子供(3歳〜小学生)とも1,300円

です。

 

さらにのりものとスケート両方楽しみたい方は冬の1日券がお得!

 

冬の1日券(入園+滑走+レンタルシューズ+のりものフリー)は、

  • 大人(中学生以上)4,600円、子供(身長110cm以上)3,500円

です。

 

キッズ冬の1日券(入園+滑走+レンタルシューズ+キッズのりものフリー)は、

  • 大人(20歳以上/付き添い用)3,700円、子供(身長110cm未満)3,200円

です。

 

 

レンタルはあるか?その料金など

 

レンタルシューズ(16cm〜30cm)700円でレンタルできます。

 

滑走補助用具レンタル「ラビット」もあります。

 

料金は30分1台600円です。

 

滑る感覚を体で覚えて楽しくスケートできますよ。

 

ペンギンやスノーマンの形をした可愛いラビットもあるのでぜひ利用してみて下さいね。

 

スポンサードリンク

混雑状況について

 

平日は混雑が少なく落ち着いて楽しめるかも。

 

特に土日祝は混雑が多くなるので、午前中または夕方18時以降の寒くなる時間帯が空いてくる可能性があります。

 

ただし、イルミネーション期間中は割引料金で入園できる15時以降が混む時間になるので注意して下さいね。

 

リンクの状態

 

としまえんアイススケートリンクは屋外にあります。

 

2月〜3月頃は、日中に気温が上がり暖かくなると氷が溶けて水たまりができてしまう可能性があります。

 

 

雨の日はどうなる?

 

としまえん屋外アイススケートリンクは、雨の日の営業は中止です。

 

また、天候等の理由により営業時間および営業日が変更になる場合があるのでご注意下さい。

 

 

子供でも楽しめる?危険じゃない?

 

子供にスケートを体験させてあげたいけれど、転んだりゲガしたりと不安に思うことがありますよね。

 

としまえんでは初心者向けのスケート教室をうけることができます。

 

また屋外アイススケートリンクでは滑走補助用具レンタル「ラビット」もあります。

 

補助や器具を使って体で覚えて楽しくスケートすることもできますよ。

 

基本的に長袖・長ズボンなど肌を隠して怪我への対策することは大切です。

 

お腹が冷えないようにカイロを貼っておくのも良いですね。

 

点灯防止のための肘や膝のサポーターとヘルメットなども用意されています。

 

思わぬ怪我もあるので絆創膏も持っていきましょう。

 

スケートリンクでのマナーを守って楽しんで下さいね。

 

 

口コミはどう?

 

としまえん屋外アイススケートリンクの口コミを見てみると、

 

大きなスケートリンクで楽しめますが、休日はかなり混んでいて思うようには滑れないです。

 

スケートリンクは17時頃から混み合ってきて、寒くなる18時以降は比較的空いていました。

 

都心に近く、便利な立地にある遊園地施設です。

 

屋外アイススケートを楽しめるだけではなく、アトラクションも多いので一日中満喫できます。

 

夕方に行くと、安い料金で入園&滑走ができるのでお得です。

 

などがありました。

 

 

スケート教室も開催中

 

としまえんでは、初心者の人におすすめのスケートレッスンがあります。

 

初めてスケート靴を履く方や、スケートのレベルアップを目指す方も楽しめる教室です。

 

レッスン内容は、

  • 時間:8:30〜9:30(1時間)
  • 定員:各コース80名(定員になり次第締切)
  • 初級クラス料金:大人・子供(5歳以上)とも6,100円
  • 参加方法:電話で申し込み
  • 服装:長袖・長ズボン・手袋・帽子を着用
  • シューズ:レンタルシューズあり(16 cm〜30cm)

となっています。

 

詳しくはとしまえん公式HPで確認して下さい。

 

 

服装について

 

アイススケートリンクに入場する際は、事故防止のため必ず手袋の着用が必要です。

 

 

どんな服装でいくと良いか?

 

としまえんのアイススケートリンクには、更衣室や暖房設備がありません。

 

屋外施設なので、暖かい格好をして出かけて下さいね。

 

厚手のアウター、長袖・長ズボン、帽子、耳当て、マフラーなど肌の露出を少しでも少なくなるように防寒対策をしっかりして行くと良いでしょう。

 

 

レンタルは何があるか?

 

スケート靴(16cm〜30cm)は700円でレンタルできます。

 

スケート靴以外でリンクに入ることはできないので注意して下さい。

 

マイシューズの持ち込みは可能です。

 

 

荷物について

 

としまえん内には、荷物を預けることができるコインロッカーが全部で4ヶ所あります。

 

場所は正門、東ゲート、サイクロン下、こどもの森前です。

 

サイクロン下のコインロッカーはとしまえんのほぼ中央にあるので、どの場所からもアクセスしやすいです。

 

また、ロッカーの数も一番多いので、確実に荷物を預けたい方におすすめです。

 

料金は大型600円、中型400円です。

 

帰る際に100円戻ってきます。

 

大型のコインロッカーは正門のみなのでご注意を。

 

スポンサードリンク

夜はイルミネーションも楽しめる

 

冬のとしまえんでは、イルミネーション「ウィンターファンタジア2019」を楽しむことができます。

 

メインエリアに広がる大きなお城やお菓子の家など光と音のプロジェクションマッピングイベントも開催しています。

 

開催期間は2019年10月26日(土)〜2020年3月1日(日)です。

 

2020年1月11(土)〜3月1日(日)は土日祝のみの営業です。

 

点灯時間は15:00〜19:30です。

 

※点灯時間は日没後(日没時間によって変動します。)

 

イルミネーション開催日の15時以降は、

  • 入園料大人・子供500円

です。

 

イルミナイトパス(入園+機種限定のりものフリー)では

  • 大人・子供1,100円

です。

 

 

まとめ

 

冬のとしまえんでは、屋外アイススケートリンクでスケーティングを楽しむことができます。

 

としまえん内の遊園地で遊んだり、夜にはイルミネーションを見ることができます。

 

土日祝はファミリー層で賑わい、特に割引料金で入園できる15時以降はもっと混雑します。

 

混雑する時間帯に気をつけて楽しんで下さいね。

 

ファミリーやカップルでも楽しめるので、寒さ対策を忘れずに、楽しい時間を過ごしてみてはいかがですか。

 

営業時間 2019年12月7日(土)~2020年3月1日(日)
月~金曜10:00~17:00
土日祝日10:00~19:30
定休日 1/15
遊園地休園日(1/15を除く)もアイススケートリンクは営業
料金 滑走料 600円、貸靴料700円(入園料別途)、
アイススケートセット券(入園料・滑走料・貸靴料込み)
大人2,100円 子ども1,600円
※15:00以降と遊園地休園日は割引 大人・子ども共通1,300円
最寄り駅 豊島園
駐車場 あり

その他のおすすめスケート場はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました