佐呂間町営スキー場のナイターで夜景も見よう。営業は何時まで?宿泊やアクセスは?

佐呂間町スキー場 北海道

スポンサードリンク




オホーツク海、サロマ湖に隣接している佐呂間町。

 

小さな町ですが、地元の人たちに親しまれている町営スキー場「佐呂間町営スキー場」があります。

 

ここのスキー場は初心者から上級者まで滑れるコースがあり、子どもからお年寄りまで利用者がいるようです。

 

「ちびっこ教室」や「ナイターレッスン」などの町民向けのイベントが豊富で、とてもアットホームな雰囲気なのだとか。

 

そんな佐呂間町営スキー場の山頂からは、雄大なサロマ湖と、佐呂間町の街を一望することができるんです。

 

ただ、ここのスキー場は佐呂間の町からは近いのですが、佐呂間町にJR駅がないので、町外から来る方のアクセスがちょっと難しいかもしれません。

 

でも、小さいスキー場ながらしっかり手入れされていたり、混雑が少ないので滑りやすかったり、何よりも雄大な自然を存分に味わうことのできる貴重なスキー場だと思います。

 

ナイターも完備されており、夜は山頂からの佐呂間の街並みが夜景となって輝きますので、それを見ながら滑走するロマンチックな雰囲気と爽快さをぜひ体験しに来られてはと思います。

 

遠方から来られる方へ、アクセスの仕方や食事、宿泊施設もまとめましたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

佐呂間町営スキー場のナイターで夜景を見ながらスキーを楽しもう

 

佐呂間町営スキー場の山頂からは、佐呂間町を一望することが出来るので、ナイターでは夜景として町の明かりの煌めきを楽しむことが出来ます。

 

ここのスキー場は自然に囲まれているので、静けさと冷え切った凛とした空気と相まって、ナイターでは経験したことのない雰囲気を楽しめると思います。

 

 

ナイターは何時まで?

 

佐呂間町営スキー場のナイターは16時から21時までです。

 

日中は、10時から16時までとなります。

 

3月の平日はナイターのみの営業となるようです。

 

営業期間は1月上旬から3月上旬を予定しているようです。

 

オホーツク海に面した地域は、地形の影響で比較的降雪量が少ないようです。

 

11月上旬開始となっておりますが、予定となっていますので、行く前に開始日のチェックが必要です。

 

 

佐呂間町営スキー場のナイターは初心者でも大丈夫?子どもでも大丈夫?

 

上級向けのコースもありますが、町民向けのイベントが多く子どもからお年寄りの利用があるようなので、比較的滑りやすいコースが多いのかと思います。

 

コースは全部で3つあるようです。

 

口コミでは、ファミリーゲレンデとしておすすめという声がありました。

 

ナイターは滑走者が日中より少なくなり、のびのび滑ることができます。

 

初心者でも子どもでもナイターを楽しむことは出来ると思います。

 

 

ナイターをするなら食事はどうする?

 

佐呂間町営スキー場にロッジがあり、休憩することは出来るようですが、レストランや食堂などの、食事がとれるところはないようです。

 

佐呂間町営スキー場から車で4~5分で佐呂間町街に行けます。

 

そこまで行くと、丼ものやお寿司やさんなど遅くまで営業しているお店もあるのでナイター後でも利用できると思います。

 

 

佐呂間町営スキー場のナイターをするなら宿泊を!

 

佐呂間町におすすめの宿がありましたのでご紹介します。

 

海山の美味しい宿 サロマ湖悠林館

 

佐呂間町営スキー場からは車で19分ほどのとこにあるようです。

 

“海山の美味しい宿”と名前にもあるように、地元の海山で採れるサロマブランドを提供しているようです。

 

サロマ湖の牡蠣、ホタテ、しま海老、佐呂間産のかぼちゃを使ったレシピなどがメニューに登場します。

 

大浴場もついているので、ナイター後にゆっくり出来そうです。

 

 

その他、佐呂間町には民宿や一軒家ほどの大きさのゲストハウスなどが数件ありました。

 

車での移動が可能な方は45分ほどで北見市まで行くことができるので、そこまで行くのも良いと思います。

 

北見駅周辺には、ドーミーインやルートインなどの快適なビジネスホテルがあります。

 

 

 

アクセスは?

 

近くの大きい市から佐呂間町営スキー場までの車でのアクセスの所要時間は、

  • 紋別市からだと1時間
  • 北見市からだと45分
  • 網走市からだと1時間
  • 遠軽町からだと1時間
  • 札幌市からだと3時間50分

もかかるようです。

 

車の利用が難しく近隣の市からJRで行く場合は、最寄りの駅が遠軽、網走、北見になるのでそこからバスに乗り換えることになります。

 

バスは佐呂間町まで、女満別空港、網走、遠軽、北見から出ています。

 

調べてみた結果、佐呂間町営スキー場へ行くときは、車の利用が一番便利だと感じました。

 

佐呂間町はJR駅がないのとバスの本数も少ないでしょうから、交通の便が不便だと思います。

 

ナイター後の食事や宿泊の移動も考えると、車で行くことをおすすめします。

 

佐呂間町営スキー場は、80台分の無料駐車場が完備されています。

 

 

周辺に観光スポットはある?

 

1月のオホーツク海は流氷の観光シーズンとなるので、見たことのない方はぜひ一度展望台に行ってみてはどうでしょうか。

 

佐呂間町には展望台がサロマ湖展望台、ピラオロ展望台の2つあるのですが、サロマ湖展望台の方は冬期間休業のようです。

 

ピラオロ展望台の方はやっていると思いますので、事前にチェックしてから行ってみて下さい。

 

 

佐呂間町営スキー場ナイター詳細まとめ

 

  • 営業時間 16時から21時まで (日中の営業は10時から16時まで)
  • 営業期間 1月上旬から3月上旬

 

ナイターは、初心者向けのコースがあるので、ウィーンタースポーツを始めたばかりの方も、子どもも滑ることが出来ます。

 

山頂からは佐呂間町街を一望することが出来るので、ナイターの夜景はとてもキレイです。

 

アクセスがやや難しいスキー場ですが、車を利用できれば問題ないと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました