はこだて冬フェスティバルのイルミネーションのみどころと回り方、混雑や駐車場情報まとめ

函館イルミネーション 北海道

スポンサードリンク




函館は観光客で1年中賑わっているところです。

 

その中でも歴史的建物が多くある元町地区は、訪れたことがあるも多くいらっしゃると思います。

 

函館は冬のイベントとしてはこだて冬フェスティバルを開催しますが、一押しなのが、その元町地区を彩るイルミネーションです。

 

そして冬の空を彩る冬花火

 

これからの時期はクリスマスもありますので、でひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

冬のはこだてもオススメ!

 

はこだて冬フェスティバルと、はこだて観光についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

函館のイルミネーション2019-2020のみどころ

 

はこだてイルミネーションのテーマは、“光に包まれた愛の街・函館”。

 

その名の通り、16万球もの電球を使い、坂道の通りや駅前などが彩られます。

 

開催期間は12月1日~3月31日まで。

 

点灯時間は日没~22時までです。

 

イルミネーションの会場はいくつかに分かれていますので、それぞれの見どころをご紹介していきたいと思います。

 

二十間坂

 

函館山の山麓から、明治館や朝市があるところまで続く、二十間(約36メートル)もの広い幅を持つ坂道です。

 

一面に広がっている石畳や、道の両脇に見ることが出来る和風・洋風の建物は、函館の歴史を感じることができ、華やかさを感じます。

 

この坂の両脇の木々にイルミネーションが彩られ、とてもロマンティックな景色を楽しむことが出来るんです。

 

異国情緒たっぷりの元町地区のイルミネーションは、冬の寒い中でも歩いて見てみる価値は十分にあると思います!

 

八幡坂

八幡坂イルミネーション

ここは、一番上まで登り切ったところからは函館港が一望できるんです。

 

一面の石畳と、両脇の街路樹と街灯も合わさって、とても良い景色を作り上げています。

 

この坂道がイルミネーションでライトアップされるのですが、電球のは温かみのある色なので、暖炉のように見えたりします。

 

寒さも忘れ、この輝きと景色を堪能することができると思います。

 

開港通り

開港通りは、朝市から観光で有名な金森倉庫などのベイエリアまで2キロほどの道になります。

 

イルミネーションはライトアップされた赤レンガのはこだて明治館が通りにあり、とても幻想的な風景を楽しむことが出来ます。

 

絵本の世界にでも迷い込んだようなファンタジックな光景が広がっているような景色を楽しむことが出来きます。

 

函館駅前広場イルミネーション

ここには冬の間にだけ設置されるイルミネーションがあるんです。

 

函館駅から駅前交差点まで続く道に、函館山と、イカ釣り漁のいさり火をイメージしたアーチが設置されます。

 

フレームにもこだわりがあり、南北海道産の貴重な道南杉を使用しているようです。

 

外側には海を連想させるようなブルーの灯りが広がっています。

 

温かみのある色合いのアーチをくぐると、動きに反応して光が反応する演出もあるんです。

 

内容もデザインも全てこだわりがあるのが伝わるので、見るほうもイルミネーションを楽しむことができると思います。

 

はこだてクリスマス・ファンタジーでは毎日がイベント

 

函館港の会場にに、高さ20メートルもの大きなツリーが飾られます。

 

時間とともに色を変えるイルミネーションは、とても美しく見ごたえたっぷりです。

 

白一色に輝いた時は、雪に覆いかぶさったクリスマスツリーに見え、とってもロマンティック。

 

このツリーは、毎日18時ころに点灯され、花火が打ち上げられるんです。

 

もう、毎日がイベントのようですね!

 

スポンサードリンク

函館の夜景やイルミネーションを楽しむおすすめルート

函館イルミネーション

全部見て回るにはどのようなルートで行けばいいんだろう?

 

オススメの順番をご紹介します!

 

  1. 函館駅
    まずここで、函館駅に設置されているイルミネーションを楽しみます。
  2. 開港通り
    函館駅西口前から赤レンガ倉庫までの道のりです。
    徒歩10分程度だと思います。
    函館イルミネーションはメインの道は3つありますが、
    まず最初に開港通りを楽しみましょう。
  3. 二十間坂
    開港通りを進むと、二十間坂に突き当たります。
    ここも10分程度で歩くことができると思います。
  4. ロープウェイで函館山へ
    二十間坂を登ったところに、函館山ロープウェイ山麓駅があります。
    ここでロープウェイにのると、夜景を眺めながら函館の頂上に辿りつくことが出来ます。
    そして頂上からは、函館の全景を一望できるので、その絶景をお楽しみください。
  5. 八幡坂
    ロープウェイで函館山ロープウェイ山麓駅に戻ってきたら、帰りは八幡坂を回って函館駅まで戻りましょう。
    ここは徒歩5分ほどで歩くことができると思います。

 

駅から函館山行きのバスも出ています。

 

函館の街並みを巡りながら進みますので、体力的に自信のない方は利用されると良いと思います。

 

 

イルミネーションの前に!函館観光穴場スポット!

 

イルミネーションの前に函館観光を楽しみましょう!

 

函館観光なら是非行ってみてほしいスポットをご紹介します。

 

金森レンガ倉庫

金森レンガ倉庫

ここは観光ではとても有名なところですね。

 

ショッピングモールです。

 

中にはお土産やさん、雑貨店、はこだてならではの品など、ショッピングを楽しめます。

 

飲食店も充実しており、工場直送の生ビールが飲める店や新鮮な牛乳を使ったソフトクリームを販売しているお店もあります。

 

はこだて明治館

 

イルミネーション散策でも通ると思いますが、お時間があれば是非その前に行ってみてはいかがでしょうか。

 

1911年に建てられたとても歴史を感じる古い赤レンガの建物です。

 

今はここもショッピングモールになっており、オルゴールやガラス製品、お土産が販売されています。

 

また、ガラス工房やオルゴールの体験ゾーンもあるようなので、思い出に是非経験してみてはどうでしょうか。

 

この建物も、観光客は必ずと言っていいほど訪れる観光スポットとなっています。

 

五稜郭タワー

少し函館駅周辺から離れますが、お時間に余裕のある方は是非行ってみて下さい。

 

函館駅からは電車で20分ほどだと思います。

 

五稜郭タワーからは5角形の星型の五稜郭公園を見下ろすことができ、実はここもイルミネーションで彩られているんです。

 

函館駅前とはまた違ったイルミネーションを楽しむことが出来ますよ。

 

>>函館五稜郭「五稜星の夢」イルミネーション混雑状況や駐車場は?見どころや穴場スポット・口コミまとめ

まとめ

 

函館イルミネーションは道内でも他のイルミネーションとは違い、歴史を感じる建物などのも合わさって、異文化のような景色を楽しむことが出来ます。

 

そこが、函館の魅力ですね。

 

イルミネーションの他にも函館山夜景や観光地巡りなど、日中から楽しめるものはたくさんあります。

 

また、函館は五島軒やラッキーピエロなど、函館ならではの人気のグルメがたくさんあるんです。

 

ぜひ冬の函館も訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました